忍者ブログ
  • 2018.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2018.12
前者タイプだった自己反省も含め
“度重なる注意を聞き入れず間違ったやり方をして案の定失敗した人”
というのを目の前にして、事後何か物申す時。

「何度も注意を無視されたことの恨みをぶつけ批難することでスッキリする」のか

「次回以降、忠告を聞き入れる姿勢とやり方の改善を期待する」のか。


その人と今後もそこそこ永い付き合いをしていくケースや
集団行動とかチームワークが必要なケースだと
後者のスタンスで動いた方がトータルでのプラスは大きい。


「優越感を得て愚者の恨みを飼うよりも
 安心感を与えて愚者を賢者に変えるべき」
とかいうと表現的にカッコいいかな?


…ということを全国の賢者諸君にご理解頂きたいと
隣で凄い目をしてる愚者を見て思ったモブ愚者でした、まる
PR
【2018/10/09 00:14 】 | 独り言 | 有り難いご意見(0)
<<ドヤ顔正論を止める は人のためならず(自分に益という意味) | ホーム | 真新しいネタもなく、ブログを再活用する案もなく>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]