忍者ブログ
  • 2017.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/21 04:15 】 |
負けず嫌いも時と場所を選ばないと戦場そのものが無くなって結果勝ちにも飢えることに
モンコレが休止してから本格的に始めた別のゲームで感じ始め、
先日のモンコレ大会の時にも少し思いましたが
負けを楽しむ」ことが出来るって一つの才能なのかな?と思います。


勝負事である以上は勝つのが一番楽しいことですし
その為に双方が切磋琢磨するのが最大の魅力であるのは承知してます。
その上で、勝ち試合並びに勝つ為の努力で“しか”ゲームを楽しめないってのは
それはそれで勿体ないなーと常日頃考えてました。

ブログの趣旨に沿ってモンコレの話で言いますが、
私が時々有言実行してるネタ・変なコンセプトデックの発想と構築
使ってない子を使ってあげようキャンペーンの類は
当たり前のことですが、純粋に勝ちを求める楽しみ方だけをしてる人からは
理解・賛同・共感を得るのは非常に難しいです。

それで最近改めて思ったのが、
その「勝ちを求める楽しみ方だけをしてる人」ってのが私の考えてた以上に
世間的な大多数派だということ。
無論、間違いなくこちらが少数派だろうなとは思ってましたが
そこまで大差ではないだろうと甘いこと考えてたなーと痛感してます。


大会や参加者の規模が大きい時は
王道である「勝ちを目指して楽しむ」やり方はもの凄く面白いです。
広く数多く居る対戦相手の思考や風潮を読み
それを真っ向から打ち崩す術や時に奇策をアレコレ考えるのは
何日、何時間でも没頭できます。
そして試行錯誤の末に味わう勝利の美酒は格別に美味しいのです。

ただブームが終わり下火になった時にその考えだけだと行き詰まります。
個人的なライバル関係のある相手が居て、究極的にはソイツと二人だけで
ずっと勝負をしていける!とかいう相手が居る人たちは別として
特殊な関係相手が居ない人たちは「勝ちで得られる喜び」の減少を不満に思い始め
自然と離れていくことになる、という流れじゃないかと。


別にそれ自体は否定しませんし、寧ろ当然の行動だと思います。
得られる餌が減って他所の餌場に移ることの何が悪い?って話ですから。
より勝利の美酒を味わえる戦場を求めて移り住むのは本能的に正しいことです。

ただ思い入れがあるとかで今の餌場を離れたくないと思ってる場合、
そのケースで今の考え方を貫くのはちょっと面倒。
プレイヤー人口と残ったプレイヤーの熱意が減っていく流れの中では
勝利の美酒はどんどん酸っぱくなるばかりです。
早めに水で喉の渇きを何とかするやり方を承知しておかないと乾く一方で
その人のプレイヤーとしての先は長くないんじゃないでしょうか。


終わったコンテンツにいつまでもしがみついて楽しむのは
そもそも非大勢側の、少数派のすることです。
なら楽しみ方も少数派型に合わせ少しずつ変化させないと続かなくなります。
残った人間がいつまでも大勢側だった時と同じことをしていては
そのコミュニティに未来はない、と私は思うのです。

そこで冒頭の「負けを楽しむ」才能の話に戻りまして。
下火になったコンテンツ(負け組)の継続には
残った参加者が負け組になってしまった状況の変化を享受しないといけません。
だけどその現状を享受しその上で楽しむにはある種の才能が要ります。
俗に言う「終わコン」の多くが細々と続くよりも根絶やしになるケースが多いのは
多くの人に負け享楽の才は無く続けられないのが原因なんじゃなかろうかと。

下火になりやがて止まったものは衰退し絶滅するのは免れません。
それでも続いて欲しいと強く思うなら、所属する自分が変わらんといかんでしょう。
才能が無いことを言い訳にせず変化する覚悟、と言うと聞こえが良いので
そういう纏め方して終わるとしましょう。



※ 一応、終わりかけたものが大逆転するというケースもあるにはありますが
それは狩場そのものが変化するレベル(運営側のプロジェクト単位)のアクションが
あった時なので、一参加者レベルで考えることではありません。
よって無いものとして扱います。
PR
【2016/07/25 16:39 】 | 独り言 | 有り難いご意見(0)
自分で思ってるより無趣味なのかもしれない
ブログ更新休止し(サボっ)てた2年半の間に名古屋から離れたけど
まだ公認大会が開催されていた時期は
割と積極的に名古屋の店舗まで行って大会参加とかしてた。

でも公式サポートが終わって公認大会が無くなると同時に
出かけなくなったしデックとかも一切触らなくなった。

年に1~2度の頻度で芹々芥々さんが
中部地区に遠征してくるついでに誘ってくれるから
その時だけちょっと出向いてデック触る感じ。

モンコレに限らず周囲で一緒にやってる人が居なくなるとどんどん離れるなと自覚。
ここの落書きとかやってたのも周囲に絵とか描いてる人が居た時期限定のものだし。

自分の意志で続けてる趣味って考えてみると無いなぁとか
人として寂しいことをちょっと思った。
【2016/01/12 20:02 】 | 独り言 | 有り難いご意見(0)
新年ですね
年が明けました

昨年は個人的には割と良かった年でした

今年も良い年になるといいですね

年賀状まだ返事書いてない並でした
【2013/01/05 17:20 】 | 独り言 | 有り難いご意見(0)
別に忙しいわけでは、あまり、ない
生存報告

GEBの喰単(スペル型)使って奮闘したり
オープンでタウラス使ってなぜか全勝したり
好き勝手やってる今日この頃。

ネタが無いから懐古してるだけともいう。
次はどうしようかなぁ。
【2012/11/28 16:42 】 | 独り言 | 有り難いご意見(0)
行って午後には帰るってのも新しい…!
別件が絶好調すぎて明日明後日とそっちに時間を使いたい。
多分、通常時の2~3倍ぐらいの能率で進められると思う。


かといって近場の名古屋のをスルーして別の場所での
グランプリに参加するのは馬鹿馬鹿しい。

この週末だけ分裂できないかな俺?
【2012/10/20 00:14 】 | 独り言 | 有り難いご意見(0)
| ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]