忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 06:17 】 |
LEの蛸も使ってあげたいけどペンギンがダメって言うの
いつまでも寂しい記事をトップにするのもアレなんで
更新しようと思ったけれども特にネタもない、並です。


昨年11月末に『深き者ども』の8レベル主体構築のデックレシピを載せました。
なので今度は8レベル使用禁止で…と思って組もうとしたのですが
途中で少しある点に気づいて結局ブロックⅣ構築になってしまいました。


『勢力構築だと地力が足りない、略して築地』

【ユニット27】
6:深淵姫アシラト3 バブル・クラブ3
  キラー・オクトパス2 ディープ・ダイバー1
4:フォカロル
②:深き者どもの王3 深きもの6 サファイア・ハーミット6

【戦闘スペル20】
水:マッド・コーティング2 ディープ・スクリーム2
  プロテクション3 タイダルウェイヴ2 リップル2
  ポイズン・スプラッシュ3
魔:ポイズン・バブル2 マインド・デストラクション2 フィアー1

【地形3】
トレンチの大深淵3

※『深き者ども』以外のカードは太字にしてあります


…蟹あり、蛸あり、鰻あり。〆は英雄・海鮮丼。
小魚がグロテスク?なぁに海産物は見た目が悪い方が美味いって言われてるから。
(※当然深きものは通常版を使用、でも女体盛り趣味があるならVFも可?)
今思えば女将(深海の巫女ハイドラ)も居た方が良かったかもしれない。


冒頭でさも意味ありげに触れた”ある点”ですが、至ってシンプルで
8レベルより6以下の方がタイプ:魔海の地形効果が大きいというそれだけです。
(8レベルはミヅチと、違う意味でダゴンだけしかシナジーないです)
主力6レベルのアシラトダイバーがまず魔海の上でないと真価が発揮できず、
大型メインに比べて自然と2レベル・深きものの入る枚数も多くなってくるので。

ただあまり地形カードを多く積んでもダゴン不在では生かしきれません。
よって地形の枚数は最低限に減らしてタイプ:魔界上で戦闘するのは
深き者どもの王フォカロル(別勢力)に頼った運用になります。


このフォカロル、奴がこのデックのキーカードです。
アシラトで進軍した相手本陣に即時するのが一番輝く瞬間。
他にも深きもの2体で予備進軍した時に即時で添えるとかできると良い感じ。

ただこのフォカロルと蟹以外の6レベル(特に蛸)の魔枠が非常に厄介。
水スペルを2枠使用する機会が思いのほか多いのと魔枠使用時が案外ないのとで
魔枠を生かしきれずに戦闘に負けることも少なくないです。
フォカロルありきのデックなので、戦闘スペルの比率を少し考え直しですね。
PR
【2016/01/14 19:52 】 | 日々是モンコレ | 有り難いご意見(0)
<<火・魔に拘らないなら別に小悪魔である必要はないですが | ホーム | 自分で思ってるより無趣味なのかもしれない>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]