忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 06:24 】 |
深き者ども、浅き夢見ゆ
それじゃ今夜も勢力レシピをまた一つ二つ、並です。

今回もまた“ブロック構築にしてる人多そうなのをあえて勢力で組んでみた系”のから一つ、
居るのか居ないのかよくわからない六皇子入り、深き者どもです。


最初にブロック構築にしてる人が多いと言った通り、私自身も
「深き狐」「深き煉獄」「煉獄の隠れ里」 という
妖狐ディアブロ深き者はそれぞれ2つを合わせた混成デックを作っています。
(深き狐は以前レシピ載せたような気がしますがどうだったかな?)

また同じ勢力構築の『深き者ども』も、
8レベル主体と6レベル主体でまた大きく構築が分かれます。
今回は六皇子入りということで、8レベル主体のレシピを挙げておきますね。



【ユニット21】
8:ダゴン3 ナーク3 オアンネス2 ミヅチ2
6:ディオープ・ダイバー3
②:ハイドラ1 深き者7

【戦闘スペル20】
水:タイダルウェイヴ3 プロテクション3
  ポイズン・スプラッシュ3 リップル1 ディープ・スクリーム3
土:エンタングル1
魔:ポイズン・バブル2 ブラインドネス2 フィアー2

【地形9】
トレンチの三角水域3 大海嘯3 大深淵3



歌姫の時もそうでしたが、勢力構築のメリットはブロックLEのカードが入ること。
今回ならナークがLE枠に当たりますね。

使ってみればわかりますが、意外に強いですこのユニット。
中には+10とかしてくるオーガみたいなのも居ますが、
基本的にはアイテムユーザーの方がスペルキャスターよりも防御力が高いです。
なので特殊能力・飲み込むの「+5」が実に大きい! かなり頑張れました。


ユニットはナークの、スペルはオアンネスのコストにもなるので
両種のバランス比はこのような感じになっております。
もうちょいユニット減らして…と思うかもしれませんがその場合は
ナークの運用がやや難しくなるのでそこだけが悩みどころになりますね。

それとセイクリッド・バハムートなど大型からの特殊能力に弱い部分があるので
エンタングルは増やした方が良いかな?というのが今見た感想。
フィアーがほぼ単枠使用になるので防がれやすいんですよね。


ダイス運ってのは2種類あって、
単純に「良い悪い」で判断できる時とダイス目の「高い低い」が偏る時とがあります。
後者の場合に目が高いならナークオアンネスを、低いならミヅチを柱に盤面を維持し、
相手本陣横からダゴンで煽るのが正しい(?)攻め方。
よっぽど捨て山の魔海のコストが多いとかじゃない限りダゴンでの本陣攻めは愚行。
相手本陣は魔界にならんのでお供が弱いままですので。

PR
【2015/11/30 19:02 】 | 日々是モンコレ | 有り難いご意見(0)
<<ゾルドイルって名前だけどアイテム対抗とかは無いらしい | ホーム | というわけで応用編(前回の続き)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]