忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 06:25 】 |
それでも勢力としても考えて結論出したかった
ネタがないので持論を一つ。
あくまで持論であって正論・主論だと言うつもりはないので
そこだけご注意を、並です。


勢力構築にする上でのポイントは何度か挙げましたが
①3つ以上のブロックを跨いでいる
②ブロックLEに便利なカード(主にユニット)がある
③他勢力の援軍を必要としないだけの地力がある
とかその辺りだと考えています。

このうち①と③の二つの条件を満たして居ながら
私が唯一勢力構築する気になれなかった勢力が
モンブラン錬金研究所

いえ、決して弱くはないというか寧ろ勢力構築では強い側です。
けれども私はどうしてもこれをブロック構築にしたいと言うか…



いきなり結論から述べますと
オルクス鉄人兵団オルクス錬金戦車
この2体のユニットが凄く便利だからです(共に『欲深き~』)

6-2型デックを運用するにあたっての問題点として
「大型不在の戦闘はほぼ負け」「後詰め居ないと進軍に躊躇」等がありますが
この2体共に(条件はあるものの)即時召喚が可能となっております。


5-3型デックだと割と5レベル不在のパーティでも
進軍戦は厳しくても防衛戦ぐらいは安定して出来たりもしますが
6-2型デックでは6レベルが居ないとまず話になりません。

例外も多々ありますが、基本的にデック構築は
エースである大型ユニットを運用して戦う様に成されているかと思います。
5レベルで運用したいカードを3レベルに代用させることは可能ですが
6レベルで運用したいカードを2レベルに代用させるのは厳しいです。


『風神&雷神』が強いのは此処のカードのスペックもありますが
何より召喚補助によって6レベルを絶えず送り込めるからだと思います。
錬金生物にも一応ギガンテスとか居ますけど戦力として計算できません。
そこで私が縋ったのが2匹の錬金豚というわけです。


…長くなったのでデックレシピは後半に。
PR
【2016/02/03 17:28 】 | 日々是モンコレ | 有り難いご意見(0)
<<これでもブロックⅤまでは結構勝てました | ホーム | 火・魔に拘らないなら別に小悪魔である必要はないですが>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]