忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 06:26 】 |
そこそこ頭回る人ほど「ちょっと考えただけでダメだと見切りをつけてそれっきり」が多い
デック構築の種類を増やす上でのちょっとした工夫。
分かりやすさ重視で当たり前のことだけ言います、並です。

前々回の記事で
「環境固定しない為にも日頃と違うタイプのデックも組んで遊んでみよう!」
的なことを言ったわけですが、
(そんなん言われても奇抜なアイデアとか思いつかないしー…)
って人も居ると思うので非常に単純な話を一つ。



デック構築する上で偶数オンリーの勢力構築がありますが、
それを4レベルメインと6レベルメインで毛色はかなり変わります。

いくつか例えを挙げると、

『真珠竜の秘宝』
4レベル:パシフィカ、マーマン主体
6レベル:コーラル、パールの両ドラゴン主体

『海賊都市クロスボーン』
4レベル:ガトーと特殊能力持ち戦艦主体
6レベル:バードマン隊長と枚数制限解除系シップ主体

『太古の巨神』
4レベル:ガンロックなどのトロール・ウォーム主体
6レベル:ルーグなどのジャイアント主体

『氷結晶の塔』
4レベル:ゼノビア、ウィンリィ主体
6レベル:アンゴルボダ・アリエスタ主体

『神獣の乙女』
4レベル:ジーグルーデやユニコーン主体
6レベル:エルルーンとスフィンクス主体

『炎のラビリンス』
4レベル:ミダス、オズボーなどの迷宮王と金銀閣主体
6レベル:ゴルディアスなどの爆殺王系主体

『深きもの』
6レベル:蟹蛸海鮮丼の6レベルに深きものどもを沿えて
8レベル:ダゴンやオアンネス、ダンダーンなど大型無双

『煉獄のディアボロ』
4レベル:アビス・オルトロス、シャドウパンサー主体
6レベル:エリゴール、デオネア、カリギュラの3英雄主体


…と、このぐらいはすぐ出てきます。

これら全ての勢力で両タイプとも実際に組んで使ってみたことがある!という人は
実はあまり多くないんじゃないでしょうか?
どちらか片方だけとか、あるいは両方を上手く混ぜたものを使用しただけで
何れか一方に寄せたものは使ったことがないとかいう人が大半じゃないかと。


正直、勢力構築だとデックの色はほぼ決まっているので
メインのレベル帯を変えたのを使っても然程真新しさは感じないだろうと思います。
それでもいつものと違うのを組んで使ってみたということ自体に意義があるので
自分の周りのモンコレ環境に停滞を覚える人は試してみたはいかがでしょうか?

元々自分が使っていたのに比べ勝てないことが多いでしょう(特に6レベル牛)が、
勝つことよりも久方ぶりに「新しいの」を組んで使ってみる楽しさを得ること
若干の不自由さを新たな楽しさとして感じられるかどうかが目的なので
そこは大した問題じゃありません。

コンセプトを逸脱しない範囲にはなりますが
勝てるような構築にし対戦中はなるべく勝ちを狙いに行く、
そこの姿勢は変わりません。
PR
【2016/07/25 17:20 】 | 日々是モンコレ | 有り難いご意見(0)
<<今見ても、キルシュのホイル加工は見た目カッコいいと思う | ホーム | 負けず嫌いも時と場所を選ばないと戦場そのものが無くなって結果勝ちにも飢えることに>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]