忍者ブログ
  • 2018.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2019.01
「レア」っていうより「下から3番目」って言った方が価値が正しく伝わる感
TCGの店舗大会デビューしたての小学生プレイヤーに
大学生のガチプレイヤーが善意()のお節介してどうこう~
みたいな記事を見かけたので、その感想。


簡単に経緯を説明すると
 ①
クリスマスに買って貰ったスターターデックに
お小遣いを貯めて買ったブースター2パックから出た
お気に入りのレアカードを入れただけのデックで小学生が参加
 ②
お金つぎ込んだ常連の大学生のガチデックに
ほぼ何もさせて貰えずに
運よく引けたそのレアカード含め封殺される
 ③
大戦終了後、大学生とそのツレらからデックチェック、
「こんなカスレア要らんから、それよりコレ入れろ」
「持ってない?そこで1枚100円で売ってるから」
などのありがたいお言葉を頂く。
 ④
小学生、涙目で退店。
残された大学生ポカーン&なんだあのガキ扱い。


…これねぇ、レアカードの「レア」の響きの犠牲者なんですよね。

レアってつくからさも価値があるように思わせといて
現実的に価値が出るのはSRとかSSR、ものによってはURもあったりしますか?
その辺の更なる上位カードから。
レアなんて名前はついてるけどちょっと出にくいコモン扱いで
強くもなければ珍しくもない、寧ろパック内ソートのSR枠潰して入ってるハズレ、
レアカード(※レアではない)
…勿論例外もありますが、多くのレアカードとはそんな認識になってると思います。

ただこの辺は何パックも何ボックスも買って
封入率知ってるPLだから知り得る価値観(残酷なことにTCGでは一般層の共通認識なのだが)。
ぴゅあな初心者はそんなん知らんので
素直に「レア」の響きにときめいて見なくていいハズの夢を見て
それを破られるのです。

ブシ以前のモンコレはレアリティを△◇☆♧で上手く表現できてたので
私も要らんときめきを抱いてショックを受けることなく溶けこめました。
後に☆が形式的にはレアカードだと知って驚いた側だったりします。
(レアっていうからには♧のことだと思ってました)


長くなりましたが結論述べると、
「Rの前にSだのUだの付けて特別性をより高めたいのはわかるけど
 言葉のインフレは初見殺しだよなぁ」と思った、
という話。


え、大学生側のマナー?
そんなん悪いの一言で終了だから今更特にコメントないし。
PR
【2018/10/25 17:22 】 | 日々是モンコレ | 有り難いご意見(0)
5年ぐらい前のアレの真相、墓場まで持ってくつもりだったけど荷物になるし
ブシのモンコレも終わってもう4,5年経ったので
そろそろ言ってもいいかな?と思う当時の裏話。

私、並は過去一度だけ公認の大きな大会で優勝
公式HPにFNとデックレシピが掲載されたことがあるんですが、
(※BCF2013名古屋地区大会サモナーズファイト、デック名「緑のヒゲ」)
その際、優勝者コメントは掲載されませんでした
それについての話を。


…実は当時、私は優勝者コメントは無記入ではなく
「大会直前にトレードで枚数増えたゴットドンのおかげです。
 TCGはやっぱりトレードあってこそですね」
的なニュアンスのコメントを記述し、提出しております。

これがちょっと問題視されるかも?と判断されて未掲載になったんです。


まずは当時の大会の形式を説明。
このBDF2013の各地区では以下の3つの大会が同時に開催されてました。
・全国選手権予選大会(※以下、予選大会)
・オープン環境大会
・ブロック対抗大会(※サモナーズファイト、私が参加したもの)
この3つのうち一番盛況だったのは予選大会で、
当時のモンコレPLの大多数が参加しており
残り2つは言ってしまえばオマケみたいな扱いでした。

で、この予選大会なんですが
出場資格として「大会開始前のデックレシピ提出」が
義務付けられていました。
(※残り2つの大会はそういうの無いです)


もう何となくお分かりかと思いますが、
私の書いた「直前のトレード」というのが
このデックレシピ事前提出規則に抵触する可能性がある
と判断されたのです。

改めて申し上げますが
私が優勝した大会ではデックレシピの事前提出の必要は無く、
「1回戦から最終戦(5回戦)まで同じ構成のデックを使用」さえ守れば
ルールは守られていることになります。

大まかな時系列で並べると
 ①デックレシピ提出
 ②大会1回戦開始
 ③大会最終戦開始
このうち予選大会は①~③の間のデック再構築は禁止ですが
他2大会は①の工程が無いので②~③の間だけ再構築禁止となります。

私が参加したのは他2大会のうちの片方であり、
トレードしたのは②の直前ですのでルール違反はしておりません


…ただ先述した通り一番のメインは予選大会。
後日、他地区の予選大会出場者が私の優勝コメントを見て
「禁止だと思ったけど直前のデック再構築アリなのかな?」と誤解
ルール違反してしまう危険性がある…

そう判断され、私の優勝者コメントは無掲載というかたちになりました。


この大会運営の判断は見事だったと思います。
私も当時は自分のコメントにマズイ要素があったという自覚が無く
「なんかあったかな?」ぐらいの感覚で気づいたのは数週間経ってからでした。


…とはいえ他の大会優勝者は普通にコメントがあるなか
一人だけ無しというのは悪い意味で目立つもの。
別に放送禁止用語を書いて消されたわけじゃないという言い訳だけ
この場でさせて貰いますね。

【2018/10/21 19:55 】 | 日々是モンコレ | 有り難いご意見(0)
真新しいネタもなく、ブログを再活用する案もなく
PC買い替えと共に完全に忘れていたパスワードを
掃除の際に出てきたUSBの中のメモ帳から発掘。

一応、〆の挨拶ぐらいはしておこうかと。並です。


召喚士つきの20周年アニバーサリーセットの金と銀でしたか、
あれが発売したのももう数年前になりますが
一応6セットずつ購入はしたものの
丁度そのころ生活環境の変化もあって結局一度も弄れず
そのままフェードアウトするかたちで
私のモンコレ人生は終わってしまいました。


当たり前のことですが
この手の対戦型ゲームというのは
対戦相手の存在というのが非常に大きいもので、
周囲に同年代(あるいは少し下の年代)が少なく
かつ趣味が合わないと誘って広めることもできないと
自分の方も次第に熱を失っていきます。


この辺は環境運の良し悪しもあるのでしょうが
誘い方のスキル欠如という私の側の問題も当然痛感するわけでして、
なんだかんだかつての友人各位は凄かったんだなぁと
今になって思う次第であります。


…身辺整理ということで、あまりに古い時代(Sレギュ以前)のカードは
一部お気に入り除いて全て友人に譲渡する等して処分しましたが、
現在の住居がそこそこ広いのもあって
Gレギュ~ブシのカードとデックは捨てずに保管してあります。

こういうのはどう保管するのが良いのでしょうね?
布製品じゃないので防虫剤とかは不要でしょうが。


まぁそんなこんなで、モンコレPLの並としてはこれにて終了です。
永らくお付き合いいただきありがとうございました。
【2018/09/09 20:23 】 | 日々是モンコレ | 有り難いご意見(0)
別にブロックⅣ以降のにはそういうこと感じない不思議
他人からすればどうでもいい構築の我儘。

ド・ゴゾンやらアンゴルボダやらセイクリッド・バハムートやら
最後に大会参加プロモとして配られたユニットたち、
これらをブロックⅠやⅡのデックに入れるのが少し悩ましい。

理由はシンプルで、当時のユニットたちとスペック差があり過ぎて
本来の主役を食ってしまう活躍してしまうから。
対戦し終わった時の相手の感想が
「いやーやっぱド・ゴゾンさん強いッスね!」とかだったりすると
(見て欲しいのはソイツじゃないの…)って何か切なくなります。

スノーマン(Ⅲ)におけるアンゴルボダもほぼ毎回言われるんで
私のバイキングデックには氷の女王は入っておりません。
入れたら間違いなくデックが強化されるのはわかってるんですけどね?

でもゲオルギウス(PR)はそういう蟠り無く入れられました。
やっぱり何かアイツ、違うわ。存在感とか。


【2016/07/28 23:30 】 | 日々是モンコレ | 有り難いご意見(0)
今見ても、キルシュのホイル加工は見た目カッコいいと思う
久々にモンコレしても別にアイデアが湧いて来たりしない、
でもモチベーションはちょっと上がる、並です。


モチベーション・コンディション・データ、
構成員のこれら3つを管理・運用するのが一番成果が出る、というのが
自論だったりするわけですが、モチベの管理が一番大変。
極端は人は朝の占いが悪かったってだけでテンション下がったりするし。
コンディションの方も、英気を養えと前日早めに切り上げたら
そのまま深夜まで遊んで翌日体調最悪で来るって輩も居たりするから困りもの。

話が逸れました。

特に面白いわけでも強いってわけでもないんですが
久々に古いの弄ってたら発見したのを一つ。



『 見つめられると3Dが飛んできてお喋りできない(ブロックⅠ)』

【ユニット25】
4:邪眼の女帝ヒルデガルド3 隻眼の皇太子キルシュ3
  キルシュの烙印騎士3 キルシュの13部隊2
  フロスト・パイソン1
④:キルシュの暗黒騎士3 ダーク・エレメンタル2
②:キルシュの隻眼姫3 キルシュの蠱毒使い3
  オルクス決死隊2
【戦闘スペル18】
風:サンダー・ボルト スタン・ガスト1
魔:クラウド・キル2 ブラック・フォッグ2
  カース・ブレード3 ブラインドネス3 フィアー2
聖:マジック・シールド2
【アイテム7】
装備品:破滅のマドゥ
消耗品:勇敢の薬2 魔力のスクロール2



ヒルデガルドとその能力をなるべく活かす、
それを第一に考えたコンセプトデックです。

大型を止める(攻撃を無力化して行動完了にさせる)ことを
強く意識しているので、その手の効果を持つスペルを多く入れています。
フロスト・パイソンの枚数増加が悩みどころで、
種族ダークエルフのコストのバランスを考えるとどうしたものだか。

ダーク・エレメンタルは小物対策のクラウドキル要員。
耐性:混沌持ちは女帝と彼しか居ませんので。
リミット10地形がないのでシャドウ・ドラゴンくんは欠席です。

当たり前ですがブロックⅠならレジスト入れる方が良いです。
私が入れてないのは所持枚数と勿体ない症候群によるものなので。

使ってみると案外頑張れますがデック体力は低め。
久々に黒い貴族を使ってみたい人向けで、ガチ度はほぼ0になります。
【2016/07/28 23:20 】 | 日々是モンコレ | 有り難いご意見(0)
| ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]